So-net無料ブログ作成
検索選択

おすすめ

時給800円の人と8万円の人。なぜ100倍もの差がつくのか?

同じ労働をするならば、時給は安いより高い方がいいですよね。
では、どうすれば時給が高くなるのか?

この答えは、
「『レアカード』になれ」

こう言われるのは、リクルートで働き、中学校の校長を務めた藤原和博さん。

「1万人に1人の存在になることは難しいことですが、100人に1人だったらかなりの確率でなれると思うんですよ。 例えば、パチンコをするのかどうか、電車の中で寝ているのか本を読んでいるのか。 こうした違いだけでも、2分の1、4分の1……となっていき、すでに25人に1人になっている。このように考えると、100人に1人になることはそれほど難しいことではないんですよね。 でもここで終わってしまうと、1万人に1人というレアな存在にはなれません」

なるほど、時間の使い方や意識を高く持って努力することが大切なんですね。
でもそれだけでは1万人に1人というレアな存在にはなれないそう。
では、いったいどうすればいいのでしょうか?

「もうひとつの100人に1人になることが大切になってくるんですよ。 考え方としては『100人に1人×100人に1人=1万人に1人』ということですね。 ひとつの領域で1万人に1人の存在になることは、ものすごく難しい。 ところがふたつの領域を混ぜると、それほど難しくはありません。 掛け算をすることで1万人に1人の存在になる……これが情報処理力でもあるんですよ。 例えば、Aさんは『お笑い芸人になりたい』と思っているとします。 しかし、明石家さんまさんを越えるためには10万人に1人、100万人に1人の存在にならないといけません。 またAさんは『美容師にもなりたい』と考えているとします。 カリスマ美容師になるには、10万人に1人、100万人に1人の存在にならないといけません。 そこでAさんはお笑い芸人として100人に1人の存在になって、かつ美容師として100人に1人の存在になれば、『お笑い美容師』というカテゴリーができてしまう。 つまり『自分で混ぜて』つくってしまうんですよ」

なるほど、これだけは負けない!と自信があるものを2つ持つということなんですね!!
しかもそれは新しいカテゴリーを自分で作るといううこと。

たくさんの新しいカテゴリーが生まれそうで、楽しみですね。


引用元の記事URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130313-00000031-zdn_mkt-ind



Copyright © ニュースde知的de快適生活 All Rights Reserved.

Designed by af5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。