So-net無料ブログ作成
検索選択

おすすめ

花火大会の屋台で爆発、見物人の61人がやけど

花火は夏の風物詩!

ですが今年は、大規模な隅田川花火大会が大雨で中止になったり、

下記のニュース記事のように爆発があったりと、何かと波乱続きですね。

安全には十分注意して、残りの夏を満喫したいですね。



15日午後7時30分頃、京都福知山市の由良川左岸の河川敷で、同夜に開催予定だった花火大会のため出されていた屋台が爆発、炎上し、周囲の2店舗にも延焼した。
 約10分後に消し止められたが、同市消防本部などによると、花火見物のために集まっていた観客61人がやけどを負い、同市と同府綾部市の計3病院に搬送された。うち数人が全身やけどで重傷という。
 福知山市消防本部によると、たこ焼きの屋台でガスボンベが爆発したとみられる。
 この花火大会は「第72回ドッコイセ福知山花火大会」で、午後7時30分に開始予定だったが、実行委員会は花火大会を中止した。打ち上げが始まる直前、「ボン」という大きな爆発音が2回聞こえたという。
 インターネット簡易投稿サイト「ツイッター」には多数の観客らが当時の状況を投稿。それによると、大きな炎が上がった後、観客が逃げ惑っていたという。
 会場では多くの屋台が午後2時頃から営業していた。
 花火大会は、市や福知山商工会議所などでつくる実行委が主催。毎年、約1時間半にわたり6000発以上を打ち上げ、昨年は約11万人が見物に訪れた。周辺では最大規模という。




引用元記事は、こちらです。



Copyright © ニュースde知的de快適生活 All Rights Reserved.

Designed by af5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。