So-net無料ブログ作成
検索選択

おすすめ

消費税率の引き上げどうなる?

消費税の引き上げについて、本格的に考える時期がやってきました。
来年4月から8%に上がるのか?
家計にはイタイですが、本当に必要なことならばいたしかたありません。
いずれにしろ、日本の未来について国民にしっかり説明をしていただき、国民もしっかり考えていくべきですね。



消費税率を来年4月に5%から8%に引き上げるかどうかを判断するための集中点検会合が26日始まった。

 31日まで6日間の日程で、有識者60人から意見を聞く。

 会合は非公開で、初日は米倉弘昌・経団連会長や古賀伸明・連合会長ら7人が出席。米倉氏は、財政の国際的な信認維持や、財源確保の観点から「規定通り消費税を引き上げていくことが必要」と述べ、古賀氏は低所得者対策などの実施を前提に増税を容認。増田寛也・元総務相は、予定通りの増税を求めるとともに、増税する場合は補正予算の編成も必要になるとの考えを示した。

 一方、岩田一政・日本経済研究センター理事長は「デフレ脱却を優先順位に考える場合、個人消費・住宅投資に優しいやり方は(税率を)毎年1%ずつ上げることだろう」と述べた。同時に、予定通り増税する場合には、法人税減税と所得税減税をセットで行うべきだとした。

 山根香織・主婦連合会会長は「貧困や格差を拡大させる」として、増税自体に反対した。

(2013年8月26日23時35分 読売新聞)





引用元記事は、こちらです。






Copyright © ニュースde知的de快適生活 All Rights Reserved.

Designed by af5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。