So-net無料ブログ作成

おすすめ

妻の葬儀で夫急死。“冗談の約束”実行? ブログトップ

妻の葬儀で夫急死。“冗談の約束”実行の絆!

「パートナーを残して逝かない」

この言葉をほぼ実践された夫婦がいます。
ニューヨーク州ケンブリッジで暮らしていた、
ノーマン・ヘンドリクソンさん、グウェンさん夫妻です。

2月8日、奥様のグウェンさんが89歳で亡くなりました。
ご主人のノーマンさんは94歳。
66年間連れ添った妻の死を深く悲しみ、葬式当日、車で葬祭場に到着すると突然意識を失いそのまま急死。

相次いで両親を失った2人の娘たちはショックを受けながらも、急遽2人の葬式に変更すると、
ユーモアある父を偲んで「驚きのダブルヘッダー」と書いたポスターを掲示し、
駆けつけた参列者らを驚かせました。
地元でいつも冗談を言って面白い人として有名だった父の死を、
ユーモアあふれるものとして周囲へ伝えようと考えたのです。

式場の入り口に「驚きのダブルヘッダー」と掲示してあるポスターを見て、
はじめはとまどった様子の参列者たちも、
「ほかの人なら悲しい出来事だが、彼はそうじゃない。とても彼らしい」
と話し、妻を追ったかのようなノーマンさんを微笑んで見送ったそうです。

病から解放された母と「苦しむことなく、突然呼吸が止まった」父に対し、
娘たちは
「彼らがお互いに強く求めていたということ」
と考えているそうです。

両親の死にショックを受けつつも、このように故人の気持ちを優先し、
なおかつ周囲への配慮も怠らない娘たちの姿を、きっとご両親も喜ばれたことでしょう。


参考URL:http://www.narinari.com/Nd/20130220688.html

妻の葬儀で夫急死。“冗談の約束”実行? ブログトップ
Copyright © ニュースde知的de快適生活 All Rights Reserved.

Designed by af5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。