So-net無料ブログ作成

おすすめ

熱中症や脱水症から守ってくれる汗の役割 ブログトップ

熱中症や脱水症から守ってくれる汗の役割

暑い中、汗をかくとうっとおしい~!と思っている方へ…


熱中症や脱水症から守ってくれている汗の役割について知ると、
汗をかけることに感謝ですよ!



熱中症や脱水症は「汗をかかない」人こそ危険と判明!
猛暑に汗が出ないのは、身体が十分に機能していない証拠。
汗というのは、身体の水分バランスを調整したり、体温を平衡に保ったりする働きがあり、人間は汗のおかげで、体温を一定に保つことができています。

■汗で体調がわかる!?

 体内に水分が多ければ、汗をかいたり、尿を作って身体の外に排出したり、そして体内が暑ければ、汗をかいて体温を下げるということで、汗は身体全体を調整する働きをしています。
 熱を出した時や、暑い夏に汗をかくというのは、このような働きがあるからで正常なこと。この汗が出ないというのは、身体の不調サインなのです。

■汗が出ないのは病気が潜んでいる!?

汗は自律神経によってコントロールされています。
自律神経が乱れると汗が出過ぎたり、逆に出なかったりと、正常ではなくなります。
特に汗をかきにくい人は、日中冷房の効いた場所で過ごしている人。
冷房で身体が冷えきって、熱の発散を抑えるよう、身体が働いてしまうのです。

さらに糖尿病や高血圧、腎臓病などの病気によって、汗腺機能が弱まり、汗が出にくくなることもあるのです。汗が出ないことで、隠れていた病気が発見されることもあるのです。

■汗をかかないことで熱中症を発症!

普段から汗をかく機能が働いていると、熱中症にもなりにくいのです。
熱中症は、体内に熱をこもらせてしまうのです。汗をかいて温度調節ができないと、体内は熱を発散しにくくなってしまいます。
年配の人も、脱水が起こりやすく、さらに喉の渇きも脳に伝わりにくいので、熱中症になりやすいのです。

■汗を出やすくするためには

普段から身体を動かして、汗をかくようにするのは重要なこと。外気の温度の変化に身体が順応するようにすることで、汗も正常にかくことができます。
また、お風呂にゆっくり浸かることも汗を出やすくする1つの方法です。
汗の元、水分補給もこまめにすることが大切。枯渇していると、汗をかきたくても、汗の原料がないので、かくことができなくなってしまいます。


8月は1年のうちで気温がとても高くなります。
せっかく楽しいレジャーで熱中症にならないためにも、日頃から汗をかきやすい身体にするといいですね。

汗をかきやすくすることは、身体の老廃物を排出させることにもなるので、内面から綺麗になることができるので嬉しいですね!





引用元記事は、こちらです。





熱中症や脱水症から守ってくれる汗の役割 ブログトップ
Copyright © ニュースde知的de快適生活 All Rights Reserved.

Designed by af5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。